全ての電気・電子機器がここで揃う!?深センの電気街「華強北」に行く

ここ2週間は深センという街にいます。
香港に隣接した都市と言えば場所的にはわかりやすいですね。比較的温暖で過ごしやすい気候なんですが、やっぱり冬はそれなりに寒いです。にもかかわらず、温暖な場所にあるホテルは暖房が効かないことが多く(私の経験上はほぼ100%)、布団も薄いので部屋の中でダウンを着込んでます(笑

 

せっかく深センにいるので、世界的?に有名な電気街「華強北(ファーチャンベイ)」に行ってきました。
中国には電子城と言って、ひとつのビルの中が電気街になったような場所があります。ビルの中は製品ジャンルごとにフロア分けされていますが、メーカーブースから個人商店まで一緒くたに乱立しており、異様とも言える光景ですそれだけであれば中国の都市ではよくある光景です。華強北が世界最大規模とも言われているのは、この電子城が華強北路という大通りを挟んでいくつも存在するからです。

タイトルは「電子部品からスマートフォンまで」としていますが、実際はスマートフォンだけじゃなくパソコンやサーバー機器など、IT機器ならなんでも揃うのではないでしょうか。その品質がどうかは知る由もありませんが。

20160221-01
ここは華強北駅を降りてすぐの「華強珠宝世界」です。

20160221-02
中は吹き抜けになっていますが開放的な印象は全然ありません(笑

 

ほぼ半日いましたがとても全ては回りきれません。特に欲しいものは無かったのでずっとお店を見て回るだけだったのでかなりのハイペースだったんですが・・・どの店舗もラインナップは似たようなもんなんですが、だからこそ掘り出し物を探し当てるにはひとつずつ地道に見て回るしかないですね。

そうそう、場所は地下鉄 蛇口線「华强北站」、もしくは地下鉄 罗宝線「华强路站」で下車です。

 

世界的に有名な電気街と言うと日本の「秋葉原」が挙げられますが、今の秋葉原は”萌え”の街に様変わりしており、もはや電気街とは言えませんよね。こんなアンダーグラウンド的でワクワクする秋葉原の方が楽しかったと個人的には思うんですが。

 

 

Beats urbeats wireless!?

せっかく深センにいて、せっかく華強北まで来たのでなにか記念に買って帰ろうかと思い立ち、来る途中に絡まるわ引っ張って耳から外れるわで煩わしさを感じていたのでBluetoothイヤホンを買うことにしました。

20160221-03
Beats / urbeats wireless

華強北ではパクリに注意と言われますが、先走りすぎて本家より先にパクリ品がリリースされるほどです。この製品もパクリというか偽物臭がプンプンしていたんですが、試聴するとなかなか良い音をしていたので思わず値切って買ってしまいました。ヘッドセットとしても普通に使えるんですが、本体と1m以上離れるとプツプツ切れるのはご愛嬌。

帰って調べるてみると、偽物というよりそもそもBeatsにはurbeatsのBluetooth版は存在しないことが判明!
イヤホンそのものもケースも造りが稚拙で値段も安すぎたのでわかりきってはいましたが、なぜこの値段でBluetooth・普通に良い音がするイヤホンが買えるのか不思議でなりません。
仮にBeats製品であれば1.8万円くらいはしますよ。すぐ壊れなければ間違いなく当たり品です。

 

けど、偽物・・・日本には持って帰らないようにしようかな。