「SHIMANO 105 BR-5600-L」

愛機MIGNONにはTEKTROというブレーキが付いています。このブレーキがなかなかの曲者で、ミニベロらしからぬ走行性を有しているにもかかわらずその勢いを満足に止めることができません・・・要するに危険なんです。命を脅かすことだってあるかもしれません。
てことで、キングオブサイクルパーツのSHIMANOが作ったブレーキに変更です。モノクロが大好きな私が選んだのは、黒く光る105シリーズです。

危険だからと言いながら結局は見た目で選んだ105ですが、交換してビックリ!しっかりとした制動力で車体を止めてくれます。4000円ほどの投資でここまで安心感が増えるのは何ともありがたい話ですね。車やバイクとは桁が違います♪

ただ・・・リアブレーキに問題が!フロントはTEKTROからそのまま交換で済みましたが、リアはそうはいきませんでした。アーチが短くシューがリムの適正位置まで届かないのです。リムとタイヤの境目にシューのセンターがあるという感じです。
そこで、105装備のMIGNONにRiver Of No ReturnのShigさんが乗られているので質問したところ、やはりアーチが足りずにそのままじゃ装着できないらしいです・・・アダプタのようなものが必要になるとのこと、これはもうプロに頼もうかな~
以前より強い制動力は得られたのでとりあえず次のステップに進みます。