「snowpeak 奥日田キャンプフィールド」に行く

snowpeak 奥日田キャンプフィールドに行ってきました。

20160612-01

あくまで出張中の宿泊先としてのキャンプだったので、やる気マンマン装備というのも気が引け、ミニマム装備でのソロキャンプでした。※熊本出張にて、週末のホテル予約が取れず、最悪の事態も考えてキャンプ道具を持ってきていました。

20160612-07

 

 

初日

仕事終わりからでしたが、陽が長くなったので遅めのインでもアメニティドーム程度なら十分に明るい時間帯に設営できます。

20160612-10

日田市内で買ってきた食材で簡単な焼きそばを作ってビールと一緒にササッと夕食を済ませて、後はのんびり焼酎水割りを飲みながら余った時間を過ごします。焼酎はもちろん「いいちこ日田全麹」。

20160612-04

景色を眺めながらの焼酎をひとしきり楽しんだら、他にはやることないので早めの就寝。

 

 

2日目

初日の就寝が早かったこともあり、5時前には目が覚めてしまいました。一応出張なので軽く仕事をしてから朝食です。

日も昇り、管理棟にあるショップもオープンしたのでウィンドーショッピング。アパレルが一部50%OFFとなっており、アウターを買ってしまうところでしたが、欲しいサイズ・色がなかったため幸か不幸かノーショッピング!

20160612-02
と、そこでスタッフの方とお話ししていると、近くに山があってそこの登山口付近にある沢が超オススメですとのこと。幸い時間はあるし軽登山ならできる状態だったので行ってみることにしました。

登山編はまた別途。

「御前岳(湧水ルート)」を登る

2016.06.13

 

下山したら大浴場でゆっくり足を伸ばして疲れを癒しました。温泉好きとしては、もっとお風呂に力が入れてあると言うことないです。ほとんどのキャンプ場はシャワーのみでお風呂が楽しめるところは少ないですからね。

20160612-09

 

思いの外、登山で疲れたので夕食はまたしても焼きそば。

天気予報では、深夜〜明朝から雨が降るとのこと。考えた結果、テントが乾いた今のうちに撤収しておき、車中泊で過ごすことにしました。こうやって好きに予定を変えられるのもソロならではの良さでしょう。

撤収後は、車のリアゲートをタープ代わりにオイルサーディンと焼酎を堪能しました。

 

 

最終日

撤収しておいたので朝起きて少しゆっくりしてから出発しました。

20160612-11
ただ、朝9時までは車の移動・出し入れは原則禁止となっていたことに全く気づいておらず、7時くらいには駐車場に車を移動させていました。こんな初歩的なミスを犯してしまい、ただただ反省しきりです。

この場を借りて、利用客とスタッフの方々に深くお詫び申し上げます。

 

 

総評

今回は新設オートサイトでしたが、短い期間に多数の利用があったせいか、芝が万全とは言えない状態でした。誤解のないように言うと、酷いというわけではなく、新たに整備されたサイトだから芝も青々と育っているだろうという勝手なイメージを持っており、それとはちょっと異なり芝が薄くなっている場所がちらほら見えたという程度です。

流し場もお湯が出ますし、トイレもちゃんと清掃が行き届いており、周囲の環境と合わせて気持ちの良いキャンプができる場所ですよ。

20160612-05

 

次回は、どんな景色が見えるかわからないけどフリーサイトでもいいかな。