2016年ベストバイ(オールジャンル)

あっ!!

という間に師走に入り、2016年も残すところあと2週間となりました。

ブログネタのあるあるではありますが「今年買ったもののベスト10」を挙げてみたいと思います。
適当のようですが、一応各製品について10項目を5点満点で採点した合計点で順位を付けてみました。

ちなみにオールジャンルと書いてある通り、デジタルガジェットやキャンプ道具に絞ったセレクトではないので、こんなものもあるんだ〜的な見方をしてもらえると助かります。

 

それでは早速!

 

 

第10位

HAGLOFS / ROCKER LEATHER GT

20161001-01

出張や登山に使っていた防水シューズ「MERRELL / PROTERRA SPORT」を一時的に紛失してしまい、その代替として購入した一足。
ただ、その後社用車の中から見つかった(笑)ので、MERRELLにはHICKIESというシリコン製のシューレースを付けてスリップオンのシューズとして普段履きとして使っています。

HAGLOFSは普段履きには勿体無い代物なので、登山メインに使っていきたいと思います。
ローカットとは思えない剛性とフィット感はMERRELLを遥かに超越しています。が、高い・・・

イケてる?アウトドアシューズ「HAGLOFS / ROCKER LEATHER GT MEN」を買う

2016.10.08

 

 

第9位

エクスジェル / たび・ざぶ円座

20161219-04

何を隠そう私は痔主です。
しかも複雑痔ろうで何気に重症なんですが、出張が多い身でなかなか根治に至っていません。

こんな身なので日常に円座は欠かせません。
坐骨部分には体圧”流動”分散するエクスジェルが配置されており、肝心な尾骨部分が接触しないよう開口されています。痔に限らず、長時間椅子に座り続けるような環境でこのクッションの効果が表れます。おかげで完璧!とは言わないまでも幾分楽になりました。

実はこのクッション、折りたためるもののあまり携帯性は高くありません。あと一回り小さくなるだけでブリーフケースにも収まりが良くなるのに勿体無いです・・・

 

 

第8位

SONY / MDR-EX31BN

20161219-02

ソニーのbluetoothイヤホンです。
1万円を切る価格でノイズキャンセリング機能も付いているので、移動中も音楽に集中することができます。

この類の製品を雲上イヤホンと比較する必要性はありませんが、同じ価格帯の有線イヤホンと比べても退けをとらない音質かと思います。
また、少し大きなリモコン部に収められたバッテリーはコンパクトなタイプより余裕のある使用時間を生み出しています。バッテリーが切れるとイヤホンとしての機能を果たせないこのタイプはバッテリーの持ちが重要なので、長時間の移動が多い私には大切な一品です。

 

 

第7位

snow peak / ギガパワー 天

gigapowertenauto
引用:snow peak

いつか行くであろうキャンプツーリングに持っていくに最適なコンパクトランタンです。

小さなPEケースから取り出したらOD缶に取り付けてバルブを開いて着火するのみ。構造がシンプルなだけに取り扱いも超シンプル。それでいて明るさは申し分なし!
私が購入したのは「天」。オートイグナイタが付いた「天オート」ではありません。天は既に絶版品なのでもちろん中古で購入したのですが、ただでさえシンプルな天オートですが、天は究極シンプル!ULギアのランタン部門はこれで決定です。

 

 

第6位

ASUS / ZenFone 3

zenfone3
引用:ASUS

2016年初に「紅米 / Note3」を購入したんですが、諸事情あって日本語対応のZenFone3に買い替えました。

Note3購入時は、中国の新鋭企業だからこそできるコストパフォーマンスの高さかと思っていましたが、ASUSやHUAWEIなどの有名企業も負けじと格安ハイスペック機をリリースしてきましたね。
台湾で購入したため日本版価格の約35%OFFで入手できました!(Amazonでも15%OFFくらい)

最新スマホ「iPhone 7 Plus」と「ZenFone 3」を買う

2017.01.15

 

 

 

第5位

ace. / SQUARE ONE 25L

squareone25l
引用:エース

日本を代表するビジネス向けバッグメーカー「エースジーン」の小型スーツケース(トローリー)です。

以前は2週間以上の長期出張が多かったんですが、最近は1,2泊程度の短期出張も多くなってきました。長期用は期間に合わせて2種類のスーツケースを使い分けていましたが、短期用は持っていなかったのでブリーフケースに無理やり詰め込んで対応していました。
さすがにそれも限界があったのでこのスクエアワンを購入したのですが、とてつもなく便利になりました。機内持ち込みサイズなので、Baggage claimでの出待ちも必要ありません。

フロントポケットもハードタイプなので壊れる心配は皆無でiPadなどの電子機器も安心して収納できるのも高いポイント。
最近、「ジェットパッカーSトローリー」が新たにラインナップに加わったんですが、幅のみ4cm大きくなったようで、15インチノートを使う私にとってはこちらの方がベスト・・・しかもシェル表面はシボ加工!
う〜ん、欲しい・・・笑

 

 

第4位

Apple / iPhone 7 Plus

iphone7plus
引用:アップル

去年の10月にiPhone 6Sを購入したばかりでそれなりに満足していたんですが、とある縁があってiPhone 7 Plusに買い替えました。6Sと7を比べると防水性・Felica対応・CPU/カメラ性能が大きな変更点ですが、目新しい革新的技術というのはありません。
「革新的技術がない」と言うのは簡単ですが毎年それをリリースするなんて不可能でしょう。なにより、6Sと同じサイズの筐体にこれだけの技術を詰め込んでいるのは流石としか言えません。

ちなみに今回はジェットブラックのPlusにしました。(前回のローズゴールドと言い新色に弱い・・・)

私は防水やCPU性能にはあまり興味はありませんが、小銭入れをカバンから出さずにSuicaが使えるだけでも買った甲斐ありでした。あとはデュアルレンズによるポートレートモードのボケを生かした写真撮影や光学2倍のカメラ性能の向上も嬉しい限りです。
できれば、どちらももうちょっと改善(外側レンズのフラット化)されたら言うことないんですが(笑

最新スマホ「iPhone 7 Plus」と「ZenFone 3」を買う

2017.01.15

 

 

第3位

SONY / nasne 1TB

head_01
引用:ソニー

引っ越しを機にnasneを導入しました。

HDDレコーダーは以前から使用していましたが、なにぶん昔の機種なので持ち出してオフライン視聴はおろか、外出先からの視聴も不可能です。
出張が多い身としてはやはりこれらができると非常に助かりますので、引っ越しした際にAV機器の刷新を行いました。と言ってもテレビとレコーダーの買い替えだけですが。

このnasneだけでは使用できません。テレビでnasneを使用するにはPS3やPS4が必要となるのですが、最近のソニー製テレビではnasneを操作できる機能があるため、テレビも同時に買い替えたという訳です。
ちなみにテレビがなくても有料アプリをインストールすればスマホやタブレットで視聴することができます。

 

番組表のGUIは非常に使いやすいです。オンライン視聴には有料オプションが必要です。

 

上記アプリにオフライン視聴できるお出かけ転送(有料オプション)があるアプリ。
番組表の扱いは上記の方が私好みなので、結局2つとも使ってます。

 

 

中国の回線だとオンライン視聴はなかなか厳しいですけどね・・・

 

 

第2位

ANKER / Power Core 10000

20161219-03

10000mAhのモバイルバッテリーです。
モバイルバッテリーと言えばANKER。数年前に購入した5000mAhのものとほぼ同じ大きさ・重量でも容量は倍・・・蓄電技術の進化もめざましいですね。

古いものはバッテリーそのもののヘタリも出てきたのかiPhone7Plusを満充電することもできない状態でした。iPhoneのバッテリー容量が2900mAhなので理論上は3回は満充電できる計算になりますが、実質は2回+α程度の性能でしょう。
1泊キャンプでも1回充電すれば良い程度なのでこれだけ余力があれば私の用途には十分です。

出張で長時間移動だったとしても2回満充電でも足りない・・・という状況は今までもこれからもほぼないと言えますので、必要性能と携帯性を合わせると最適なバランスだと思われます。

 

 

第1位

BOS / 驚異の防臭袋 BOS

bosfukuro
引用:BOS

読んで字の如く、「臭いを防ぐ袋」です。
防臭と言えばまず生ゴミ向けと思われますが、臭いが気になるものに対しては何にでも使えます。むしろ生ゴミだけにしか使えないような代物であれば1位どころか10位にも入らなかったと思います。

 

我が家の場合、最大のメリットはおむつ処理にあります。
う○ちをトイレに流した後のおむつを捨てるのですが、当然ゼロになるわけではないので臭います。しかもかなり・・・今まではそれをビニール袋に包んでゴミ袋に捨てていました。
それでも臭いというのは外に漏れ出すもので、そのゴミ袋はベランダのゴミ箱に入れていました。

引っ越し後はゴミ箱を置くちょうど良い場所がなく、良いものはないかと探している中で本製品に出会ったのですが、これを使い始めてから何とそのゴミ箱は家の中に置いています。

bosfukuro2
引用:BOS

様々なサイズがありますがロングタイプ(ネーミングがそのまま^^;)が赤ちゃんのおむつには最適です。1枚におむつが3〜4枚捨てられます。上画のように1枚捨てるたびに口を結んでいけば臭いも防げるので無駄がないという訳ですが、よく考えられてますよね。

 

この地味すぎる商品が2016年ベストバイというのは少し拍子抜けかもしれませんが、驚きと生活スタイルの変化だけで考えると今までの人生でも3本の指に入るほどの商品です。
※おむつを捨てるという状況でなければ有り難みは半減かもしれませんけど。

 

 


 

あと2週間。

の内、1週間は中国で過ごすので帰国してから超絶に忙しいラスト1週間となります。

 

来年のベストバイはもっと面白い商品を紹介できるように吟味していきたいと思います(笑