台湾旅行におすすめのiPhoneアプリと台北グルメ

以前にも台湾旅行に役立つアプリを紹介しましたが、内容を一部加筆修正して改めて紹介したいと思います。

台湾出張 ~其の壹~ & 旅のオススメiOSアプリ ~台湾編~

2015.11.14

 

台湾旅行に役立つiPhoneアプリ

 

Easy Card(悠遊カード)の残高と使用履歴を確認するアプリ。

 

台湾鉄道(TRA)や台湾高鉄(HSR)、MRTの乗換検索ができます。
MRTは路線図から直接入力が出来ないのが残念ですが、U bikeの駐輪場検索もできるので複数アプリをインストールしなくてもこれひとつで事足ります。
※有料版(240円)もありますがFREE版で十分です。

 

MRT専用の乗換検索アプリ。上の「 雙鐵時刻表」が使いにくければこちらを。

 

U(You) bikeの駐輪場検索アプリ。上の「 雙鐵時刻表」が使いにくければこちらを。

 

台湾最大のタクシー配車アプリ。
呼び出し場所と行き先をGPSで設定するだけ。基本的には一切言葉をしゃべらなくても目的地に到着できるとは言え、少しハードルが高いかもしれませんね。

 

画面のフレーズをタッチするだけで音声が出るので、しゃべられなくてもOK!ただ、相手にこれを聞かせてばかりなのも寂しいので勉強ために使ってみてくださいね。
※LITE(無料版)は収録フレーズが少なすぎるので使えませんが、安くないのでLITEでまずはお試しを。

 

XE Currency
XE Currency

通貨換算アプリ。常に最新の為替レートを反映させられるので安心です。

 

格安航空券・ホテルの検索・購入ができます。購入にはクレジットカードが必要となります。また、販売元によっては発券まで最大24時間かかるというアナウンスもあるので当日購入は注意してください。

 

言わずもがな最強の地図アプリ。台湾でもナビとしても普通に使えます。

 

Google 翻訳
Google 翻訳

個人的には最強の翻訳アプリ。

 

 

悠遊カード(Easy Card)の発行と使い方

悠遊カードは台湾で「悠遊卡」と表記され、カタカナだと「ヨウヨウカー」となります。

 

鉄道・バス・タクシー・レンタル自転車・コンビニ・スーパー・飲食店で使用できますので、2泊3日程度の短期旅行でも発行しておいて損はありません!
次も台湾に来ることがあるなら払い戻しも必要ありません。1年以上未使用でも抹消されることはありませんので、毎回発行する手間と払い戻し手数料が勿体無いですからね。

※タクシーは読み取り機を取り付けていない車もありますので、念のため現金は準備しておいてください。また、使用可能なサービス・店舗はウィキペディア等で事前に確認してください。

 

カードの発行とチャージ

悠遊カードの発行はコンビニや駅で可能です。
最初にデポジット100元を支払う必要がありますので、500元チャージするのであれば計600元必要です。

 

  • コンビニ

店員さんに「請給我悠遊卡」と言う(見せる)だけ。
600元渡してCharge or 加値(ジャーチー)と言えば、カード発行した上で500元チャージまでやってもらえるはずです。

券売機で画面をタッチするだけ。
まずは「購買」をタッチしてカードを発行します。そのカードを機械に挿入して「加値」をタッチすればOKです。

 

カードの使用

基本的にはSuicaやICOCAといった非接触型ICカードと同じ使用方法です。

 

  • コンビニ

決済完了まで少し時間がかかるので、手に持ってかざすのではなく読み取り機の上にカードを置いておいた方が良いです。

こちらも決済完了まで若干のタイムラグがあるので、改札を通り抜けるときはゆっくりめで。

  • U bike

使用する前に携帯電話でのSMS認証が必要となります。
認証方法については「悠遊カード 自転車」でググると素晴らしくわかりやすい手順を説明されているサイトが出てきますので、そちらをご覧ください。
ちなみに、一度認証してしまえばその後は携帯電話は必要ありませんので、プリペイドSIMで次回訪問時に電話番号が変わったとしてもU bikeは問題なく利用できますよ。

使用する時には自転車横の端末にカードをかざし、返却時にも自転車を元に戻してカードをかざすだけ。あと、カードをかざす前にパンクしていないか確認してくださいね。

これだけで移動が格段に楽になる上に街並みも肌で感じられるので、旅行が何倍も楽しめること請け合いです。


鼎泰豊で食事後に台北101を目指すの画

 

 

台湾のおすすめお食事処

定番になってしまいますが台湾(台北)でおすすめの食事をいくつか紹介します。

 

鼎泰豊

台湾と言えば小籠包、小籠包と言えばここ。
ここで食べて欲しいのは松露小籠包(トリュフ入り)です。5個で450元と具も金額もセレブな小籠包ですが、噛んだ瞬間に肉汁の旨味とトリュフの香りが口いっぱいに広がる至高の逸品です。

鼎泰豊
台北市信義路二段194號(MRT東門站 5番出口から徒歩1分)

 

味家魯肉飯

台北101にほど近くわかりにくい場所にある「魯肉飯」のお店。
魯肉飯(ルーローファン)とは、ご飯の上につゆだくミンチ肉のかかったシンプルで美味い丼ぶりです。

味家魯肉飯
台北市忠孝東路4段559巷18之1(市政府站 2番出口から徒歩5分)

 

老鄧担担麺

ゴマの風味と四川山椒のしっかり効いた「担担麺」です。
日本風に言うと「汁なし担々麺」ですが、四川だと担担麺というのは汁がないのがデフォルトです。翌週には四川に行くのにこちらに来てしまいましたが、本場四川に比べるとゴマの風味が強く日本で食べる担々麺に近く、私はこちらの方が圧倒的に好みですね。

老鄧担担麺
台北市連雲街83號1樓(MRT東門站 6番出口から徒歩1分)

 

士林夜市 美食區

美味いというよりここの地下街「美食區」にはせっかくなので一度は行ってみてください。
各店の客引きは少々鬱陶しさがあるものの、ご飯は安くて美味いですよ。
中でも強烈な匂いのある「臭豆腐」なんですが、慣れれば美味しいと思えてくるので不思議です(笑

士林夜市
(MRT剣潭站から徒歩4分)

 

一番屋

二大台湾名物のパイナップルケーキ・お茶を扱うお店です。
台北市内の仕事ではないのですが、美味しいのでお土産のパイナップルケーキはいつもここで買っています。店に出向く時間が無かったらホテルに配達してもらうほどお気に入りです(笑

一番屋
台北市中山北路二段45巷33號(中山站から徒歩8分)

 

 


上でも紹介した担担麺、最近はまっていて中国でも行く店で必ずと言っていいほど頼んでいます。「マツコの知らない世界」でも取り上げられていましたがどれも旨そうでした!

 

一見、ミンチ肉とネギがちょこっと乗っかっただけの旨そうとは言えない麺ですが・・・

 

底に溜まった具と絡ませるとこの通り!
唐辛子だけではなく四川山椒の強烈な痺れが舌を襲ってきます。さすが本場四川、これ相当に旨いですよ。