水遊びも散歩も旅行もこれだけでOK!「Chaco / Z1 CLASSIC」を買う

サンダルといえばクロックス。今使っているクロックス(Classic Clog)がそろそろ限界なので買い換えることにしました。

クロックスは、スリッパとしてもかかと付きサンダルとしても履ける上、軽くてクッション性も高いので使い勝手の良いサンダルでした。5年以上ラフに履いても破けたり裂けたりすることもなく、キャンプでも大活躍していました。
「限界」というのはソールが薄くなって破ける一歩手前というもので、履き潰したと言っても良い状態かと思います。

そんな万能クロックスでも私的にはひとつマイナスポイントがありました。

それは芝生上での扱いにくさ。
青々とした芝生であれば問題ないんですが、枯れたものになると中敷き部分に静電気?でひっ付きやすく・取れにくい、その枯れ芝生が足の裏にチクチクしてイライラすることが多々ありました。キャンプ場だと芝生が当たり前ですからね。

 

そんな理由もあって次はクロックスは止めようと考えていました。

実はChacoにすることはほぼ決まっていました(笑
というのも、以前も同じものを履いていて良いことは身をもって体験済みだったからです。

 

 

Chaco? or Teva?

最近はTevaが大人気のようですね。
アウトドアといよりファッション性の方が強いようです。それはすごく良いことだとは思うんですが、どうしても「ソックスを履いてサンダルを履く」スタイルだけは馴染めそうにありません^^;

 

ChacoとTeva、この2大メーカーは何が違うんでしょうか。

ストラップ固定方法

甲と足首、かかとの3点で固定するという部分ではChacoとTevaは同様の製品と言えます。

Chacoは下絵のように、ソール内部をループした1本のベルトで足を固定する仕組みになっています。

 

Tevaは3点それぞれのストラップがマジックテープ式になっています。こちらの方が履きやすさは上のような気はしますが、マジックテープに砂などが詰まったり、マジックテープによりパンツの裾が毛羽立ったりとデメリットも多いので、好みによるかと。

 

  • ソール

Chacoは今までVibram製を使用していましたが、去年からChacoオリジナルソールに変わったそうです。PU素材を使用しており履き続けることでフォームが潰れていくといったことは起こりにくいようです。
重さはあるものの、インソールはかかとにフィットしやすい形状となっており、アメリカ足病医学協会のAPMA認定証を受けています。(とは言っても、どのくらい効果のあるものなのかはわかりませんが・・・)

 

TevaはEVA素材を使用しており、HURRICANE XLTは非常に軽いです。軽いので長時間履いていても疲れにくいかと思います。
ただ、インソールとミッド(アウト)ソールが接着されている構造のようで、経年で剥がれることもあるかもしれません。Tevaも実際に手にとって試着もしましたが、この一点で完全に候補から外れました。
インソール周辺の接着剤のはみ出しが、よくある雑な仕上げのサンダルにしか見えませんでした。

 

I LUV CHACO!!

Tevaの軽さと肌触りの良さはなかなか捨てがたいものはありましたが、この独特のフィット感と品質の高さはさすがChaco!と言ったところ。

軽いランであればシューズと遜色ありませんし、雨の日もジャバジャバ水たまりに突っ込める(それでいてフィット感は変わらない)のは楽しいですね!