15年ぶりにスノーリゾート猫山に行く

先日、約15年振りにスキー場に行ってきました。

一時期スノーボードにハマって毎週スキー場に行ってましたが、膝を痛めたこともあって段々と足が遠のいていました。
今回行った「スノーリゾート猫山」ではアイスバーン化していたゲレンデでお尻を強打したことがあり、その苦い経験から一度も足を運ばなかったのでこのスキー場自体は18年振りくらいになるかもしれません(笑

ただ、嫁様が以前からしきりに「スキーやりたい!」と連呼していたので、年末年始や連休をことごとく出張で潰してしまった罪滅ぼしに勇気を振り絞っていくことにしました。

 

 

超久々&初体験スキー

嫁様と上の子はスキー教室で基礎からお勉強。

 

下の子はソリ滑り。

 

そして私は子守&撮影係(笑

 

 

上の子もスキーに慣れてきたのでリフトに乗って上から滑ることになったんですが、この直後に事件が・・・

 

インストラクターと子どもが一緒に乗り、その後ろから嫁様という並びだったんですが、嫁様が先に乗ってしまい前方で待っていた二人に激突・・・
幸い?激突した瞬間にはリフトを止めてくれていたので大事には至りませんでしたが、子どもは痛かったのと驚きで号泣。

「リフトの初心者あるある」ではあるものの、子どもにとってはリフトが少しトラウマとなってしまったようです・・・

スキー教室が終わった後も友達ママとしか乗らないし(笑

 

友達ママがさらっと登場しましたが、子どもの友達とは偶然ゲレンデで出会いました。まさかスキー場で知り合いに会うなんて思いもしませんでした( ̄▽ ̄)

 

 

最後には(嫌々ながら)嫁様ともリフトに乗って一人で滑って降りてこられるようになったので良かったかな f^_^;)

 

 

最近の寒波の影響でかなり良いコンディションだったと思います。
すったもんだありましたが一応嫁様も子どもたちも満足してくれたみたいで良かった良かった♪

 

 

スキーウェア

嫁様と子どもはスキーウェアではなくレインウェアを着用しました。

 

子どもはmont-bellのレイントレッカー。


引用:mont-bell

 

嫁様はノースフェイスのマウンテンレインテックス。


引用:THE NORTH FACE

 

バックカントリーでなければ、ベース・ミドルレイヤーでしっかり防寒対策をしていればアウターはレインウェアでも十分です。
私も次回はソフトシェル + レインウェアの予定です。スノーボードギアなんてとっくの昔に全て処分してますしね。

ただ、スキーウェアやハードシェルなどと違ってレインウェアにはインナースパッツがありません。その上、裾の幅によってはブーツをすっぽりと覆うことができないため雪がブーツの中に入りやすくなってしまいます。

そのため、ゲイターなど雪の侵入を防ぐ対策が必要ですね。


引用:アライテント

 

ただし上記について「大人の場合は」と付け加える必要がありそうです。

ゲイターを装備するとか、ミドルレイヤーで温度調整するといった作業は大人だからできることであって、子どもはできる限りシンプルな装備にした方がいろいろと便利(楽)な気はします。

なので子どもは次回までにスキーウェアを購入しておくことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。