出張にも旅行にも使える最強のカメラバッグを考える

カメラを購入するとまず欲しくなるもの。

それは

 

カメラバッグ

 

 

カメラとレンズ、その他アクセサリーを安全に持ち運ぶためのバッグです。
カメラ専用バッグとも思われがちですが、そんなことはありません。
カメラしか入らないものもあれば、着替えなどの荷物も入るものもありますし、カメラ複数台を持ち運べるようなプロユースなものなど様々です。

また、リュックタイプやショルダーバッグタイプなど、形状も様々です。

 

リュックタイプ(Manfrotto / Manhattanムーバー50 バックパック)

引用:Manfrotto

 

ショルダーバッグタイプ(mouth / Delicious Mark-1

引用:mouth

 

ショルダーバッグタイプ(f.64 / NSCM2)

引用:エツミ

 

インナーケース(エツミ / モジュールクッションボックスD)
引用:エツミ

 

 

今持っているカメラバッグ

 

私は元々カメラバッグは持っていなかったので、E-M1 IIを購入してからカメラバッグを入手しました。

山に街に使えるアウトドア向けカメラバッグ「PaaGoWorks / FOCUS」を買う

2018.01.21

購入したのはフォーカスというチェストバッグタイプのカメラバッグです。
コンパクトなので機動力はあるものの、収納力は劣ります。

ボディ+レンズ以外には予備バッテリー・クリーニングペーパーなどのちょっとしたアクセサリーくらいしか入らないので、これひとつでお出かけするのは困難です。

これを買う時にはレンズを新たに購入する予定もなかったんですが、なぜかすぐにレンズを追加してしまい、このサイズではどうにもならなくなってしまいました。

 

 

私による私のためのカメラバッグ

 

カメラバッグに何を入れる?

カメラバッグに何を入れるかって当たり前にカメラ機材ですよね。
もちろん私もそうですが、単純にカメラバッグをカメラバッグとしてのみ使う気はありません!

今回は旅行や出張にも使えるものを探してみたいと思います。

 

旅行

2泊程度の旅行を想定してみました。
(実際に先日の沖縄旅行の際に持って行ったものです。)

  • カメラ+レンズ
  • 交換レンズ1本
  • 予備バッテリー+充電器
  • モバイルバッテリー+USBケーブル
  • USBアダプター
  • Air Pods
  • 着替え2セット(Tシャツ、パンツ、靴下)
  • タオル
  • 折りたたみ傘
  • ファーストエイドセット
  • 洗面用具
  • メガネ

 

出張

着替えなどはスーツケースに入れるので、カメラバッグにはこれ以上入れることはありません。

  • カメラ+レンズ
  • 予備バッテリー+充電器
  • モバイルバッテリー+USBケーブル
  • Air Pods
  • Mac Book Pro 15″+ACアダプター
  • iPad mini2
  • Zenfone3
  • 折りたたみ傘
  • 洗面用具
  • メガネ
  • 手帳+筆記用具
  • パスポート+海外SIM
  • 海外用ウォレット

 

 

一覧表にまとめてみました。
こうやって改めて見るとそれぞれの用途で収納物が大きく違いますね。

収納物 散歩 旅行 出張
カメラ+レンズ
交換レンズ
予備バッテリー
充電器
モバイルバッテリー+ケーブル
USBアダプター
Air Pods
Zenfone 3
iPad mini 2
Mac Book Pro 15″
MBP用ACアダプター
折りたたみ傘
洗面用具
ファーストエイド
メガネ
手帳+筆記用具
パスポート+海外SIM
海外用ウォレット
着替えセット  ○
タオル  ○

 

 

カメラバッグに何を求める?

現在、出張ではブリーフケースを使っています。
6年ほど前に購入したものですが型崩れもなくまだまだ現役バッグです。

ただ、MBPなどの重量が片方の肩に全てのしかかってくるので、ご老体が悲鳴を上げ始めています。

こういった事情を鑑みて、以前のカメラバッグ検討では早々に選考落ちしたリュックタイプに絞って選定してみたいと思います。

 

私が求めるカメラバッグの機能・性能はこちら。

  1. リュックタイプ
  2. 2気室構造
  3. PC専用スペース(15インチ)
  4. サイドポケット
  5. チェストストラップ
  6. 前面or側面からもコンパートメントへアクセスできること
  7. ジャケットなどを一時的に固定できること

 

もう少し噛み砕くとこんな理由。

  1. 身体への負担が一番少ないリュックタイプ。
  2. 2気室構造だと荷物が混ざらなくて整理しやすい。
  3. PC専用スペースがあると、保安検査時のPC出し入れがスムーズ。
  4. サイドポケットには折りたたみ傘。保安検査時もそのままでOK。
  5. チェストストラップはバックパックには必須。
  6. コンパートメントへのアクセス性は超重要。
  7. バンジーコード的なアクセサリーがあると便利。

 

私の場合、空港での保安検査の際のスムーズさを特に重要視しています。
上の一覧表で太字のものが保安検査でバッグから取り出す必要があるものです。

 

 

カメラバッグ三選

 

Studio 9 / Endurance Ext

※正しいメーカー名は「ビーハーフ」ですが、ここは開発元のStudio 9を使用しています。


引用:ビーハーフ

studio9運営者でありカメラマンでもある中原一雄さん自身が欲しいものを自ら開発した商品とのこと、様々なレビューを見る限り相当に使い易いカメラバッグみたいですね。

このバッグの特長は、

  • フルサイズ大三元を収納可能
  • バッテリーグリップ付きも収納可能
  • 前面、側面からカメラコンパートメントにアクセス可能
  • ロールトップで容量が可変
  • 価格はなんと¥14,800!

です。

上2つは私には無関係ですが、この収納力でこの価格。
カメラバッグ界の黒船や〜と思わず言いたくなるコストパフォーマンスです。


引用:Studio 9

 

 

Peak Design / Everyday Backpack 20L


引用:Peak Design

カメラ愛好家の中で大人気のピークデザイン、私も最近ハマりつつあります。

このバッグの特長は、

  • カメラバッグとは思えない洗練されたデザイン
  • 両側面全体が開閉でき、アクセス性が抜群
  • FlexFold Dividersと呼ばれる秀逸の仕切り

です。

中でも「FlexFold Dividers」に注目。
これ単品も売っているようなので買ってみようかな・・・笑


引用:Peak Design

ピークデザインの他製品との互換性もよく考えられています。
もはや、カメラバッグというより一つの芸術品のような雰囲気もありますが、それだけに他の追従を許さない価格設定となっています。

 

 

WANDRD / PRVKE 21


引用:WANDRD

Youtubeで偶然見つけたのがこちら。
Kickstarterで目標額を大幅に超える資金を集めた結果、日本でも話題にはなったようで調べてみるといくつか情報が出てきました。

このバッグの特長は、

  • 防水性のある表面素材とファスナーを採用
  • 考慮されたポケット位置による高い防犯性
  • ロールトップで容量可変

です。

こちらも一見、カメラバッグとは思えないデザインです。
背面側がガバッと開くのは、アクセスしやすさもある上に防犯性も兼ね備えており海外出張の多い身にはありがたい機能です。


引用:WANDRD

ただ、日本での取り扱いはないのでWANDRDのサイトから直接購入する必要があります。
運送費と関税でかなり割高になってしまうのが難点ですね。

 

 

まとめ

カメラバッグと言いながら、私の最重要ポイントはノートPCやバッテリーなど、保安検査で取り出す必要があるものをいかにスムーズに出し入れできるかです。

保安検査についてはこちら。

空港でのお願い|安全・運行情報|JAL企業サイト

 

性能・価格のバランスだけでなく、私なりの視点から使いやすいものを選択したいと思います。
ただ、どれも実際に試すことができないんですよね。