究極のアンダーウェア「ドライナミックメッシュ」は自転車でも超絶使えるアイテム!

自転車通勤でもサイクリングでもだいたいバックパックを使用します。

バックパックを背負っていると、暑い季節はもちろんのこと冬でも走り終えると背中はびっしょりと汗で濡れてしまいます。
汗で濡れたシャツが風を受けると”気化熱“によって急激に体温を奪われてしまいます。

この気化熱が冷えとなり低体温症を引き起こすことがあります。そこまでいかなくてもお腹が冷えてしまったり風邪を引いたりと、どちらにしても良いことは何もありません。

そもそも濡れたシャツが身体に張り付くあの不快感は最悪ですよね・・・

 

そんなデメリットを解消するアイテムがこの

MILLET / ドライナミック メッシュ

です!

 

 

ドライレイヤー

レイヤリングでベースレイヤーと言うと、一番内側で肌に密着する吸汗速乾性の高い素材のアンダーウェアです。ドライレイヤーとはfinetrack(ファイントラック)の提唱するベースレイヤーの下に着用する”汗冷えを防ぐ”ためのウェアになります。

 

今回購入したのはfinetrackではなくMILLET(ミレー)のドライナミックメッシュですが、細かい仕様の差はあれどメッシュ生地で吸った汗を素早くベースレイヤーに移し、ベースレイヤーの水分を直接肌に触れさせないことにより気化熱による体温低下を防ぎます。

 

ミレーのそれは、ファイントラックのそれよりメッシュの目がかなり粗いです。

こんなに透け透け・・・

上の写真は手なので良いですが、着用した姿はさすがにここで晒せる代物ではありません(笑

 

 

先日、サイクリングで使用しましたが、このドライナミックメッシュの効果は素晴らしいです!

素晴らしすぎます!!

 

汗はしっかりかくんですが、瞬時に吸い取り外に排出している感じがはっきりとわかりました。おかげで汗をかいた状態で風を受けても寒く感じることは全くありません。
バックパックを背負った背中も張り付く感じは全く無く、走り終えた後も全然冷たくないので快適そのもの。

 

 

ドライナミックメッシュの選び方

サイズは175cm/72kgで”S/M“を購入しました。

手に取って見た感じはかなり小さめですが、かなり伸縮するので着丈は問題ありません。L/XLであればもう少し余裕があるでしょうが、身体に密着しなければ効果が無いので小さめと感じる程度で良いのかもしれません。

 

ドライレイヤーを初めて購入するのであればノースリーブが良いかと思います。
ノースリーブだと腕の動きは自由(ショートスリーブだと多少なりとも突っ張る)なのでいろんなアクティビティにオールマイティに使えます。

ドライナミックメッシュは意外なほど保温性があるので、冬場はロングスリーブだとより快適でしょう。
ショートスリーブの必要性は・・・?

 

 

まとめ

登山者にとってはかなり当たり前な存在のドライナミックメッシュですが、自転車乗りの方にもオススメ中のオススメです!

ただし、ひとつ注意が必要です。

 

いくらドライレイヤーが吸汗速乾しても、その上に着用したウェアが吸汗速乾できなければ意味がありません。

暖かい季節であれば、吸汗速乾性を唄ったTシャツであれば大丈夫だとは思います。(逆に冬場は着るものをちゃんと選ぶ必要があります)