奈良旅行

ポタリングで法隆寺に行って以来の奈良入り。奈良という町は世界遺産が多く、有名でなくても普通に建っている寺が実は世界遺産ということがあります。
先ずは吉野の金峯山寺。

本堂の蔵王堂は平安時代から幾度かの焼失を繰り返しており、現在の建物は天正20年(1592)頃に建てられたそうです。建替えられたとは言え約400年前、十分その奥深さが伝わってきます。

ちょっと白飛びしてしまいましたが興福寺。

あまりの人の多さに国宝館の阿修羅像は見ることができませんでしたが、東金堂の方はしっかりと見学してきました。中でも木造四天王立像に目を奪われっぱなしでした。実在の人物を木の像に閉じ込めたものではないかと思えるほど、生きた仏像のように感じてなりません。次回訪問時は必ず阿修羅像を拝見したい物です。

東大寺の東にある「さわらび亭」に向かう涼しげな階段。

一服のため立ち寄った茶屋でいただいたギネスビール。

今回の奈良は自転車を持ち込んでの旅だったので、奈良駅東側エリアをくまなく見て回ることができました。京都や奈良など比較的狭いエリアで見て回るような観光には自転車は必須アイテムですね。今さら実感です。