「Golf Touran」納車

某Dockからディーラーに戻った愛機を引き取りに行ってきました。

 

7年間、約7万kmもの長い間お世話になったクルマにお別れして新たな愛機に乗り込みます。
今までとは比べものにならないほどドアが重たいです。前車も国産とは言えデッドニング等でドア重量は普通より重いものでしたが比べものになりません。
室内に入ると、それが遮音性に貢献していることがはっきりとわかります。

そんなに高いクルマではないので本革より樹脂部品を多用しているインテリアですが、表面の質感などは相当高いもので国産車もコストダウンばかりに走らないで見習ってほしいと思います。ですが、このご時世にコストを度外視することはできないので仕方ないのでしょう。

 

帰りの高速は100kmをキープして走ったおかげでメーター読みで15km/Lという驚きの燃費でした。直進安定性が良く、シートは窮屈ではないのにサポート性が良いので乗っていて疲れません。今までの高速道路走行時の疲れは何だったんだと言うほど別次元の快適さを手に入れることができ、納車早々かなりの満足度です。

さて、まだ灯火系を少し変更した程度のどノーマル車ですが、これからゆっくり育てていきたいと思います。