台湾出張 ~其の壹~ & 旅のオススメiOSアプリ ~台湾編~

 

仕事柄台湾に来ることが(たまに)あります。以前は1年の1/3近くいた気もしますが、今は1年に1回あるか無いか程度。

また、台湾に限ったことではありませんが、出張でその国の中心都市に滞在することは皆無でして、今回も台湾といえど台北に滞在するわけではありません。今回は初日が移動のみで次の日の業務は夕方からだったので、珍しく台北に1泊することにしました。

急に台北泊を決めたので事前にホテルを押さえておらず、前日予約しようにもどこも満席状態。かろうじて数万円/泊の空室がある程度でかなり焦っていたんですが、初心に帰って楽天トラベルで検索するとなんとかお手頃な値段で宿泊できるホテルが見つかりました。ただ、次は二度と泊まりたくないホテルでしたけどね。(唯一、清潔だったのは救い)

 

20151114_03

初日は移動のみとは言っても、中国から香港経由しての台湾入りだったので早朝出発で到着したのはTST17時。十分ヘトヘトでしたが、せっかくの台北なので2度目の「士林夜市」へ行ってきました。2度目なので勝手はわかってたつもりでしたが、やはりあの人ごみは疲れますね^^; でも欲しかったアイテムを偶然にも発見できたので成果は十分です。

実は夜市の前にここにも足を運んでいました。

 

20151114_01

Snow Peak Taiwan HQ LOUNGE

そう、Snow Peakの台湾ブランチです。士林の隣駅「芝山」のすぐ近くにあるんです。営業時間がわからなかったので開いているか不安でしたが、聞くと21時までやっているそうです。日本の製品を輸入しているので当然ながら価格は3割増し(2015年11月現在)程度です。

日本で手に入るものをわざわざ台湾で購入する必要はありませんが、台湾限定の製品も1点あるんです。それが、これ。

 

 

20151114_02

五人紗網內帳

アメニティドームのメッシュインナーです。台湾の気候に合わせてインナーテントが全面メッシュ仕様となっています。日本でも蒸し暑い夏場にはもってこいのアイテムですね。今回で2個目の購入!笑 どちらも友人からの依頼品ですけどね。

 


 

今回、海外(アジア)出張の多い私が少しでも世間のお役に立てるよう、おすすめアプリを紹介したいと思います。

10年以上前はインターネット環境も乏しく、そもそもスマートフォンも無かったので今のように気軽に観光(仕事)できるような状況ではなくいつも右往左往していたように思えます。それに比べると今は海外旅行の敷居が低くなり誰でも楽しめるようになりましたね。スマートフォンで便利になった反面、現地の人とのコミュニケーションは減ったように思えるのは気のせいでしょうか。

これから紹介するアプリを利用することにより、現地ならではの面白さを存分に楽しんでいただけることを願っています。あくまでアプリは補助的な役割であり、最も重要なのは自分からその国に溶け込んでいこうとするその心構えだと思っています。

 

 

出張(旅行)のおすすめiOSアプリ ~台湾~

基本的にインターネットに接続できることが前提です。なので、SIMフリー(SIMロック解除でも可)スマホが必要となります。もちろんSIMロックスマホ+SIMフリーWi-Fiルーターでも可能ですが、その国で通話できると便利なことが多いのでSIMフリースマホを準備していただくことをおすすめします。

※私がiPhoneを利用しているので紹介するアプリもiOS限定となります。Androidにも同じアプリがある場合もありますが、確認はしていませんのでご了承ください。

 

 

インターネットに接続するには、空港に到着するとまずSIMカードの購入が必要です。滞在期間に合わせて最適な契約を選ぶことができ、パスポートだけで購入(2015年11月現在)することが可能です。何も言わなければSIMカードを渡されて終わりですが、お願いすればカード入れ替えから設定まで使える状態までやってもらうことも可能です。
購入時にSIMフリー機かを尋ねられますので、SIMロック解除機でもYes!!と答えればOKです。

個人的におすすめするのは”中華電信(Chunghwa Telecom)”ですね。今回は3週間程度の滞在なので30日間を選択します。TWD1,000(≒JPY4,000)で30日間無制限データ通信とTWD430の無料通話が付いてきます。日本でもそうですが中国も1カ月で使用できるデータ量に制限があるので無制限というのは本当に助かります。バッテリーの許す限り地図でもなんでも通信型アプリを使いたい放題ですから。

 

それではアプリ紹介。

まずは台湾内を網羅する普通電車(TRA)や高鉄(HSR)の乗換検索ができます。MRTの場合は予測時間と金額は調べられますが乗換駅は路線図から自分で調べるしかないので、MRTだけであれば”乗換案内 台北“の方が断然使いやすいです。
※有料版(240円)もありますがFREE版で十分です。

 

台湾では最近レンタル自転車の普及が目覚ましいです。それもそのはず台湾が世界に誇る自転車メーカー”GIANT”がバックアップした公共サービスなんです。ちなみに台北ではYouBike、台中ではiBikeという異なるサービス名ですが内容は同じです。
台湾版Suicaとも言える”悠遊カード”があれば最初の30分は無料、その後は30分10元という格安なので市内の近場スポットをいくつも巡るのには最適です。タクシーも日本より安いとは言え頻繁に利用すれば結構な金額になりますからね。

こちらのアプリはそのYouBike(iBike)のレンタルスポット地図表示やそのスポットの空き状況等を確認することができます。

 

台北の路線バスを調べられます。ただ、これだけでバスに乗って市内を観光して回れるかと言われると・・・なので、とりあえず入れておいてという程度で。バスならではの一面もあるので台湾に慣れてくればバス観光も面白いですよ。ちなみにYouBikeのスポット検索は、YouBike専用アプリより地図が見やすくわかりやすいです。

 

台中公車通
台中公車通

上の台中版です。

 

タクシー系アプリではuberが有名ですが、台北だけしか使えない?ような気がします。台湾ではこちらの方が圧倒的に利便性が高いと言えます。
乗車地を住所入力かGPSで設定して検索すると、周辺のタクシーを自動に検索、見つかったらタクシーの番号がアプリで表示されます。台湾のタクシーは黄色なので目立ちますし、車体に大きく番号が表示されているのでわかりやすいですね。あと、アプリではアバウトな目的地しか入力できないのでタクシーに乗ってから正確に伝える必要がありますよ。

 

様々な場面で活躍する指さし会話アプリです。これさえあれば中国語も英語も話せなくても何とかなるかもしれません(笑
簡単な絵と日中の単語or文章が表示されており、そこをタッチすると音声も出ます。ただ、このアプリを使って指さし会話をするのではなく音声を参考に自分で話しかけてみることをおすすめします。やっぱり人間同士、会話が基本ですよね。極端、言葉が通じなくても状況とジェスチャーで伝わるものです。そうやって自分の言葉(動き)で会話ができると旅はより楽しくなるはず!
※FREE版は収録フレーズが少なすぎるので使えませんが、安くないのでFREE版でまずはお試しを。

 

 

中国向けのおすすめiOSアプリの一部は台湾でも役に立ちますのでこちらも参考にしてみてください。>> オススメiOSアプリ ~中国~

 

 

出張(旅行)のおすすめiOSアプリ ~共通~

ここからは台湾に限らず、海外で便利なアプリの紹介です。

 

XE Currency
XE Currency

通貨換算アプリ。常に最新の為替レートを反映させられるので安心です。

 

タクシー配車アプリ。依頼時には携帯SMSでの連絡が入るため、利用にはその国で使用できる携帯電話が必要となります。日本では東京のごく限られた地域で利用できます。台湾でも利用できますよ。

 

格安航空券の検索・購入ができます。購入にはクレジットカードが必要となります。また、販売元によっては発券まで最大24時間かかるというアナウンスもあるので当日購入は注意してください。ちなみに私はこのアプリではなく最初から”ctrip“アプリで検索することが多いです。

 

ホテルやレストラン・航空券の手配ができます。ホテルしか利用したことはありません。

 

言わずもがな最強の地図アプリ。ただし中国では使用できませんので、中国では”百度地図“をおすすめします。

 

Google 翻訳
Google 翻訳

個人的には最強の翻訳アプリ。こちらもGoogle製品なので中国では使用できません。中国では”百度翻訳“ですかね。

 

 


 

これが全てではありませんが、使用頻度の高いアプリをご紹介しました。有名どころばかりなので目新しさはないものの、渡航経験の少ない方に少しでもお役に立てれば何よりです。