バイク用スマートフォンホルダー「ミノウラ / iH-220-S」を取り付ける

今年の2月に快適通勤仕様にしたPCX(JF56)で早速友人と日帰りツーリングに行ってきました。

PCXを通勤快速(オッサン)仕様にカスタムする

2017.02.12

リアボックスがもう少し大きかったら・・・、スクリーンがもう少しワイドだったら・・・、といくつか不満点はあるものの、車体サイズとのバランスを考えるとこれ以上は不格好になるのでこれで良しとするしかありませんね。

 

日帰りツーリングで行ける範囲はほとんど道を知っているので問題はないのですが、やっぱりあると便利なのはスマホホルダーです。

その名の通りスマートフォンを取り付けるためのホルダーですが、Amazonで調べても種類が多すぎてよくわかりません。金額も1,000円を切るものから3,000円台のものまでピンキリ。
ホルダーの一番必要なスペックは、取り付けたスマートフォンが落下しないこと。そこを重点にAmazonレビューを改めて見てみると引っかかったのがミノウラの製品。

「落ちる気がしない」といったレビューが多く、値段は安くないものの国産メーカーの安心感の対価と考えると妥当かと思える金額なので、「ミノウラ / iH-220-S」にしました。

 

iH-220-S(iH-520-STD)は、iPhone 7 Plusにも対応していることはわかったのですが、ケース付きでも大丈夫かどうかは不明でした。ダメなら買い換えれば良いかと思っていたものの、結果的にはケース付きでも全く問題ありませんでした。

 

 

ホルダーを取り付ける

問題はホルダーの取り付け場所・・・
ハンドルセンター部分が理想的だったんですが、ハンドルカバーとハンドルバーの間隔が狭くてクランプ部品が入らず断念。iH-520だったら取り付けられたのかもわかりませんが今更仕方ありません。

結局ハンドル左側でミラーにも干渉しない位置にしましたが、少し手前すぎるのでイマイチ。
(かと思いましたが、ハンドルから手を離さずに多少の操作ができるので意外に良いポジションかもしれません)

 

しばらく使ってみましたが、一般道にあるレベルの凹凸であれば落ちることはまずないでしょう。一応、ホルダーにはシリコンバンドも添付されていましたが必要ありません。

真横から見てもこんな感じでがっちりホールドされているので、機構部が壊れない限りは安心です。

 

 

 

iH-220の気になる点

iH-220はワンタッチでリリースできるクランプが採用されていますが、取り付けっぱなしすることを考えると盗難の可能性が一気に高まりますね。まぁ、その時は潔く諦めるか・・・汗

あと、公式サイトを見るとホルダー向きが簡単に90度回転できそうに見えますね。これ、工具がないと無理ですから・・・ワンタッチで90度回転ができればもっと便利なんですが、機構部が増えるとそれだけ壊れる可能性が増えると考えると、これで良かった・・・んでしょうか??