デジタルモノ

ONUとルーター間のLANケーブルを交換したら通信速度は速くなる?

 

我が家の光回線は、AsahiNet光を使用しています。

フレッツ光のコラボモデルなんですが、これがいつでも結構な速さで接続できるんです。

 

NURO光やauひかり ホーム10ギガなどの高速光回線は田舎である我が家周辺ではまだ利用できません。

この1〜2年でインフラ整備されるレベルでもないかと思っています。

なので、乗り換えたいという気持ちもありますが当面はAsahiNet光にお世話になることでしょう。

 

 

ただ、今回は光回線の話ではなく、LAN環境のマメ改善を行ってみたという内容です。

 

 

LAN環境のマメ改善とは?

 

ONU(光回線終端装置)から無線LANルーターまでの短いLANケーブルを交換します。

 

購入したのは上の写真のもの。

 

BUFFALO - ツメの折れないLANケーブル カテゴリ6a

 

 

 

私の場合はONUのすぐ近くにルーターを設置しているため0.5mと1mを購入しましたが、0.5mから10mまで幅広い長さのラインナップがあります。

また、フラットケーブルなので隙間や床などに這わせるのにも便利な形状となっています。

 

今まで使用していたLANケーブルがこちら。

 

かなり線の細いLANケーブルで、一瞬モジュラーケーブルかと思うほど。

カテゴリはわかりませんでした。

 

 

カテゴリとは?

LANケーブルにはカテゴリと呼ばれる通信規格があります。

その規格ごとに仕様が異なるのですが、その一覧を下にまとめます。

通信規格最大通信速度伝送帯域
CAT 5100Mbps100MHz
CAT 5e1Gbps
CAT 6250MHz
CAT 6a10Gbps500MHz
CAT 7600MHz
CAT 7a1000MHz
CAT 840Gbps2000MHz

 

CAT◯の数値が大きくなるほど、最大通信速度が速くなり伝送帯域も広くなります。

最大1Gbpsの光回線を利用しているのに、CAT5のLANケーブルを使用していたら通信速度は最大100Mbpsまでしか出ないので意味がありません。

 

一般的な用途の場合、CAT6aを使用しておけばLANケーブルが通信速度のボトルネックになることはないかと思います。

 

 

 

AsahiNet光の通信速度は?

 

平日10時頃に測定したLANケーブル交換前の通信速度です。

 

3回測定して最高が510Mbpsという数値。これはかなり良い方ではないかと思います。

ちなみに3回測定した結果と平均値はこちら。

 

ダウンロードアップロード
1回目400Mbps260Mbps
2回目510Mbps250Mbps
3回目440Mbps300Mbps
平均値450Mbps270Mbps

 

あの、か細いモジュラーケーブルのようなLANケーブルで全く問題ない通信速度が出ていました。

さすがにこれは企画倒れな気がしてきました・・・笑

 

 

では、ONU〜ルーター間のLANケーブルを購入したCAT6aのものに交換して測定してみましょう。

 

ダウンロードアップロード
1回目410Mbps280Mbps
2回目4200Mbps330Mbps
3回目520Mbps300Mbps
平均値450Mbps303Mbps

 

 

平均値で比較すると、ダウンロードは同等、アップロードが30Mbpsほど速くなっていました。

 

んーこれを誤差と見るか改善と見るか・・・

 

 

 

まとめ

今回はかなり微妙な結果となってしまいましたが、ONUや古いルーターに付属していたLANケーブルを使用しているのであれば交換してみる価値は十分にあるかと思います。

 

光回線なのに有線接続でも速度が出ない!というのであれば一番にここを疑っても良いかもしれませんよ。

 

 

 

-デジタルモノ

© 2021 A4web