デジタルモノ

中国からGoogleやFacebookにアクセスするならVPNは必須!

2017/02/04

[kanren postid=3812]

 

中国でインターネットをするなら切っても切れないものがVPNサービスです。

中国には金盾(グレートファイアウォール)と呼ばれるネット検閲システムがあり、GoogleやYouTube・Facebookなどのサイト閲覧や特定語句の検索といった中国政府にとって都合の悪い情報を中国国民が見ることができないようチェックされています。
これは中国人だけではなく中国にいる外国人にも同様で、日本人であっても日本で普通に使えるネット上のサービスの多くが中国では使えません。

これを回避するのがVPN(バーチャルプライベートネットワーク)です。

 

 

VPNとは

例えば企業の事業所ごとの異なるプライベートネットワークがあるとします。それらを同一のイントラネット上にあるように機能させるのがVPNという技術です。


引用:セカイVPN

 

中国から直接インターネットに接続すると検閲に引っかかりますので、中国から日本(のVPNサーバー)を経由してインターネットに接続するわけです。
私のPCと日本のVPNサーバーが仮想イントラネット内にあるように見せることで、私のPCは日本からインターネットに接続していることと同じとなる=グレートファイアウォールの影響を受けずにインターネットに接続することが可能となるということです。

 

 

VPNサービスあれこれ

有料・無料、規模の大小様々なVPNサービスがありますが、有名なサービスをいくつかピックアップしてみました。
中国から接続できないサービスもありますので、できれば事前に確認ができるのが望ましいですね。

サービス名料金(月払い)料金(年払い)最大接続数接続方法接続ツール
セカイVPN1,080円設定なし3台PPTP
L2TP
OpenVPN
なし
スイカVPN950円760円 (9,120円)1台PPTP
L2TP
なし
Hide My Ass!1,399円751円 (9,012円)2台PPTP
L2TP
OpenVPN
あり
パンダVPN無料無料PPTPなし
VPN Gate無料無料PPTP
L2TP
OpenVPN
なし

 

 

セカイVPN

日本のプロバイダ「インターリンク」が運営するVPNサービスです。
主に日本人向けのサービスのため、サーバー設置国は日本・アメリカ・ドイツ・香港・台湾・韓国に絞られています。料金は1,080円/月と安いとは言えないものの、滞在期間が限られるような場合には月単位の支払いというのは助かります。無料トライアルもあるので安心です。

2016年12月時点では中国からは接続できませんでした。

 

スイカVPN

こちらも日本企業が運営するVPNサービスです。
料金は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年とニーズに合わせた選択がしやすくなっています。2週間の無料トライアルがあり、接続できるか事前に確認できるのはありがたいですね。

こちらのサービスは利用したことが無いので接続可否は不明です。

 

Hide My Ass!

190カ国900箇所以上のサーバー数を誇る、世界最大のVPNサービスです。
月払いだと1,399円とお高めですが、年払いにすると月換算751円とリーズナブル。年払いにすると使うことの無い月の分まで払わなければならないので、使用頻度も考慮して選択する必要がありますね。

私は無料期間中に解約手続きをするのを忘れていたので、自動的に年契約となってしまいました(笑
※無料体験は年契約での登録が必要です。月契約では無料体験期間は発生しないので注意してください。

2016年12月時点では中国から接続できませんでしたが、2017年2月現在では接続できています。日本サーバーではなく台湾サーバーですが、Googleなどは問題なく接続できています。

 

パンダVPN

無料のVPNサービスです。
PPTP接続しかないので、iOS10以降のiPhoneやmacOS Sierraを搭載したMacからは接続ができません。また、無料のためか中国からの接続はあまり期待できません。
同じアカウントからの同時接続数が1台というのはPCを使いながらiPhone or Androidは使えないというのはなかなか不便だったりします。

 

VPN Gate

筑波大学とSoftEtherが運営する無料VPNサービスです。正しくは学術実験としてのサービスです。
WindowsではOpen VPNのクライアントソフトをインストールすれば簡単に利用することができますが、MacやiPhone・Androidだと少々手間をかける必要があります。

面倒ではありますが、今のところ中国からの接続実績が最も多いサービスです。

 

 

Hide My Ass!

私のミスで1年間契約することとなってしまったHide My Ass!(HMA)ですが、規模は世界最大ですしここにきてようやく中国から接続できるようになったのは大きなメリットです。
※他サービスも含めて、なぜかLINEには接続できません。

また、Mac・Windows・iPhone・Androidのデバイスに対応したソフトがありますので、設定の手間がなく使いやすさも抜群です。

 

 

アプリを使って接続するため基本的にはプラットフォームは関係無いので、ここではiPhoneで設定方法を説明します。

  1. アプリのダウンロード
  2. ログイン
  3. 接続サーバーの選択

 

 

1. アプリのダウンロード

アプリをダウンロードします。

[appbox appstore 675102189]

 

2. ログイン

こんな画面が出るので一番下の"LOG IN"を押します。

 

そして、サインイン時に設定したUsernameとPasswordを入力します。

 

 

3. 接続サーバーの選択

ログインすると自動的にこの画面になるはずです。
私の場合は近くのサーバーを自動検索しましたが、以前は自動検索しなかったような・・・

 

SERVER LOCATIONから接続サーバーを選択します。

 

サーバーを選択すると接続しても良いかのダイアログが表示されますので、"YES"を押します。
※iPhone側の設定が必要となるため、初回はパスコードの入力が必要です。

 

そして、ステータスが"CONNECTED"になり、"IP ADDRESS"が表示されたら接続されているはずです。ブラウザでGoogleにアクセスできるか確認してみてください。

 

接続サーバーのお気に入り設定

接続サーバーの選択画面でお気に入りに設定したいサーバーを左にスワイプすると、下のような星マークが表示されますので、クリックするだけでOK!

 


 

皆様が快適な中国ネットライフを過ごせますように!

-デジタルモノ
-

© 2021 A4web